次女の出産

こんにちは

 

ヤスコです♬

 

 

 

 

8年前の10月4日

次女がうまれましたラブラブラブ

 

 

 

長女の時は

湘南鎌倉病院

という

総合病院で産みました

 

 

そこは

お友達にいいよ~

って言われたから

行っただけ

だったんだけれど

 

 

 

私の出産にたいする考えを

本当に大きく変えてくれた

 

 

 

 

その病院は

周産期医療センター

なのですが

 

 

 

畳の上

お布団敷いて

産めるのです

 

 

 

上からロープがぶら下がってて

何かと思ったら

ロープにしがみついて

産む人も居るのよ~

なんて言ってて

 

 

 

マジで!?

 

 

 

とか思っていた

 

 

 

産むときになると

本能的に

一番楽な姿勢を取れるモノよ

 

 

とか言われて

自分がそれができるとは

信じられなかった

 

 

 

でね母親学級で婦長さんがね

言ったの

 

 

 

特別な異常がない限り

赤ちゃんを抱くのは

お母さんが一番最初よ

 

 

医者や助産師が

最初って変でしょ

 

 

 

そしてね

緊急手術などを除いて

全ての処置は

お母さんか、お父さんの

目の前で行います

 

うまれたばかりの

赤ちゃんを

お母さんの目の届かないところに

連れて行ったりしません

 

 

 

個室で産みたくなったら

個室で産めばいいし

 

私たちが移動すればいいの

 

お母さんが

ココと本能的に

思ったところで産んで下さい

 

 

 

会陰切開や点滴なども

出来る限りしません

 

 

 

などなど

 

 

 

出産もね

立ち合いは

産婦さんがいいなら

誰に立ち会ってもらっても構いません

 

立ち会ってほしくない人がいる場合は

教えておいてね?

 

 

と・・

もちろん

立ち会うときに

白衣みたいなものも

着ないわけだよね

 

 

 

だから

ずっと夫が一緒にいて

腰をさすってくれたり

むしろ

痛いときには夫に八つ当たりしたりしながら

出産したんだよね

 

結局

へその緒が巻き付いていて

吸引だったりしたんだけど

 

ドタバタしながらも

 

夫に見守られながら

とってもアットホームな感じで産んだのね

 

 

産んだ後は

祖父母も入って

写真を撮ったりして

 

少し落ち着いたら

布団に寝ながら

夫とずっと赤ちゃんを眺めてた

 

 

 

 

 

 

な~んにも知らなかった私は

出産ってそんなもの

 

と思ったのね

 

 

 

 

山梨に引っ越してきて

さて次女の出産

 

 

近くには

総合病院しかなくて

 

母子同室はダメだった

 

 母子同室が良かった私は

一応個室なら母子同室できるか

ダメもとで聞いたけど

ダメでね~

 

 

で探したわけだ

 

 

母子同室の産院を

山梨県内で

 

 

 

高速使うかもだから

高速降りてすぐの産院

 

 

母子同室

評判

 

 

 

色んなこと考えて

決めた産院

 

 

 

でもね

ここで私は

普通のお産を経験して

驚いたの

 

 

 

当たり前の点滴

当たり前の会陰切開

当たり前の夫の白衣

 

というか

陣痛きたら

とにかくいきまされる

 

自分のテンポでは産めない

 ↑

これが地味にキツカッタ・・

 

当たり前に赤ちゃん取り上げられる

カンガルーケアとは名ばかりで

赤ちゃん触れない

 

ちょっとお腹にのせたら

すぐ体重はかったりなんだりで

私の目の届かないところに行っちゃう

 

 

 

 

あれ???

私の赤ちゃん・・・・

 

 

 

ぽっかり穴が開いた気分

 

 

 

2時間ほど

無機質な分娩室で

放っておかれ

 

 

あれ??

一人ぼっち・・・

 

 

 

はじめての授乳の時間

 

 

 

保育器に入っていた次女に

(GBS陽性で保育器に入れると言われていた)

授乳しに行ったら

 

 

 

ミルクあげておいたから

ママはゆっくり休んで

 

 

 

 

・・・・・

母乳で育てたいって

言いましたよね?

 

 

 

 

産後って

不思議なほど

ナーバスになったりする

 

 

 

私ね

頭真っ白だったわ~

 

 

 

あ~

知っていたら

バースプラン

もっともっと細かく書いたのに

 

 

 

私の当たり前と

病院側の当たり前が

乖離しすぎていて

 

本当に

ショックすぎて

 

何も考えられなかった

 

 

 

 

保育器から出てからはね

母子同室なので

私の好きにしました

 

 

 

私の母乳は

はじめからよく出たし

2人でラブラブの時間を過ごしました

 

 

 

 

 

 

 

でもね

あぁ

病院でアットホームに

自分の思うような出産するのって

難しいんだな

 

 

って思ったよね

 

 

 

病院を

責めてるんじゃなくてね

 

 

 

病院の体制とか

衛生管理とか

先生の考えとか

 

いろいろあるんだろうな

 

 

 

 

こちらの都合だけじゃなくて

先生方の都合もあるんだよね

 

 

 

 

本当に勉強になったよ

 

 

 

だからね

3人目からは自宅出産を選んだんだけど

 

 

 

 

どこで産もうが

どういう風に産もうが

無事に元気にうまれてくれば

それで100点

なんだけれど

 

 

 

 

長女の時のように

産めると思っていたのでね

 

ショックだったんだ

 

 

 

 

 

次女は

そんなわたしを元気付けるかのように

本当によくおっぱいを飲んで

とっても順調に育ってくれて

 

順調に退院できたのね

 

 

 

長女の時は

低体重で一緒に退院できなかったから

一緒の退院は本当に

嬉しかったな~

 

 

 

 

 

 

でもね

退院の時に

夫は仕事で

これず

 

退院したら

山梨に手伝いに

来てくれるはずだった

母がこれず

 

 

 

なんと

次女の出産ひと月前に

大きくトラブった

姑に頼らざるを得なかった

 

 

 

なんかね

出産が思ったのと違った

とか

夫が退院の時にこれなくなった

とか

母が来れなくなった

とか

 

 

まぁ他にもね

名前を決めるときとか

出産祝いの場とか

 

とにかく

ほんのちょっとした

こまごました

 

ちょっと嫌だな

不安だな

 

ってことが立て続けに

起こった出産でもあった

 

 

 

 

 

ハラの声なんて

丸無視

頑張ってイイ子ちゃん

していたころ

 

 

 

私が我慢して

丸く収まるなら

我慢する人だったし

 

 

自分の感情より

周囲との調和だった

 

 

 

 

 

変化の時期

だったんだろうな・・と

 

今では思いますが。

 

 

 

ひとつひとつのことがね

小さいからね

 

夫に愚痴を言っても

なぜそこまで嫌がっているのか

理解されず

 

でも

それが積み重なって

私のココロは

悲鳴を上げていた

 

 

 

 

そして

ココカラです

 

 

 

夫婦関係も

親との関係も

子どもとの在り方も

 

 

次女の出産のあと!

ここから

問題が噴出

 

 

産後鬱へと

深化するのでした

 

 

 

 

そう

変化の波を運んできた

 

 

 

それが次女の出産

 

 

 

 

そこから

およそ10か月

 

 

 

本当に

シンドイ日々・・・

 

 

 

そこで

ダメもとで

 

食を変え

 

 

それに伴って

 

身体が変わり

心も変わり

 

 

 

人生が好転

し始めるわけですが

 

 

 

 

その辺は

また今度ドキドキドキドキ

母乳育児中の悲劇

こんにちは

ヤスコです♪

ワタクシ、母乳育児中なんですのYO

4女さん。生後半年ですが、まだ離乳食始めてませんので

ワタクシ&4女

の身体は、ワタクシが支えておりますの!

このくそ暑い夏の水分補給も

夏バテしないだけの栄養も

ワタクシの母乳一本やりなんですのYO

知ってます?

生後三か月の赤子でミルクを 1 リットル飲みますの

ってことは6か月の赤ちゃんは、もう少し必要ですわね

で、それを、ワタクシ母乳で支えておりますの

知ってます?

母乳って血液から出来てるんですのよ?

つまり、毎日献血!

なんですことYO

そんなワタクシに悲劇が!!!!!

舌が!

舌が!!!!

舌が痛くてモノが食べられないのですわよ~

タダの口内炎の舌版と思っていたのだけど

思ったより、場所が悪くて舌を動かせない!

そして、そちらが治る前に、別にもう一ヶ所

更にもう1つ・・・・

ぎゃ~~~~~

食べられないじゃ~ん!!

しかも、そこへ来て

喉の風邪もひいてしまい

喉痛くて、ジュースもシミル

咳で睡眠が削られる

なんの罰ゲームだ!?

つまり何が言いたいかというと

腹減った――――――――――――

あのね、お腹すいたわ!ウフ

とか言うレベル超えたね

そんだけ減っても痛すぎて食えないという状態のワタクシから

さらに搾り取られる母乳・・・・

なんてこった―――

そんな状況から

やっと!やっと!やっと!

脱却したのよ―――――

赤飯だ!赤飯炊かねば~

というわけで、やっと治って普通のごはん食べられます

あぁ幸せ

「そうそう」と「よしよし」

こんにちは
ヤスコです♪

さて、妊婦覚書で

共感大事

って強調してきたけど

FBでのコメントなどを読んでいて
なんか共感にも2つあるんだな~
って思った

1つは
「そうそう」
っていう、同じ目線の共感

例えば、転んでひざを怪我したときに

 痛いよね!
  そうそう!
 これさ~お風呂入ったりすると沁みるのよね~
  そうそう!
  そうなのよ!
  ツラいの分かってくれる?

そんな共感ね

実際に同じ経験をしたことがある人だからこその言葉
共感ですよね

女性同士の会話ってこっち多くないですか??

もう1つは
「よしよし」
っていう大きく包み込む共感

例えば、転んだ時に

 痛いよ~
  痛いね~よしよし

 血が出たよ~
  そうだね血が出たね~痛いよね~
  よしよし

みたいな

そうね
親が子どもを抱いてよしよしするような
そんな共感

どっちもね
うれしいよね

でも妊婦さんが夫に求めてるのは
よしよし

だよね

まぁ経験したことないしさ~
頭で考えるにも限界あるし?

だいたい良く分かってない人に
分かった振りされると

むしろイラっとくるし(笑)

ここは、おとなしく
よしよし
しといた方がイイんじゃないこと!?

ちなみに
「よしよし」のコツは

ハグして、よしよししながら
オウム返しですかね(^▽^;)

わぁ~これで共感もバッチリ☆ですね

これで今から共感上手!

さぁみんなでレッツトライ☆

ちなみにこれは子どもにも
ゼッタイいいよね(*^-^*)

これは我が子で実証済み☆

そんなことを思ったここ数日でした

そして、私は、子どもに実践継続中です❤

ありがとうございます

続4人目妊婦覚書

こんにちは
ヤスコです♪

さてさてそんなこんなで
妊娠中期

中期と言えば♪

胎動

ですよね~

ツワリが終わって安定期❤
そして胎動

テンション上がりますね~

仕事先にも妊娠を報告
絶対的に迷惑をおかけするのに
みなさんに

おめでとう

と言って喜んでいただけたこと
ありがたいな
と思いました

だんだん大きくなるお腹に
高校の生徒たちも
優しく接してくれて

なんていい子たちなの(/_;)

そんな幸せ妊婦でした

産む場所もそのころには

「自宅」

と決め、3女の時と同じまんまる助産院さんに
お世話していただけることに

自宅で産むからには、身体は整えないと!

冷えないように本当に気を付けました

シャワーでごまかしちゃうことも多かった私ですが
何が何でも20~30分お風呂に入り出したのは
このころだったかな

冷えを撃退する生活に
食生活もばっちり気を付けて体調は大分安定していましたね~

ただ1つだけしんどいところがあって
右のお尻に痛みが出ていました

整体師の夫がいうには
お腹が縮んで痛みが出ているとのこと

しっかり治すにはお腹を押さなければならないようで
妊婦の間は無理

たまに周辺を施術してもらって
凌いでいました

持つべきものは整体師の夫(笑)
一家に一人整体師ですよ(^^)/
ありがたいですね

さてそんな幸せ妊婦ですが
不満がないわけじゃなかったんです

そのころ夫は
仕事がノッテきたところだった

新しい事業を始める準備に入っていて
人間関係も広がり
毎日忙しくも楽しそうで

言葉の綾とかじゃなく

朝から晩まで
土日祝日なしで
ずーっと仕事してましたね。。。

正直
本当に話す時間すら取れてなかったんだよね

だからどうしてもお尻が痛くて歩くのもしんどいな
って時だけ遠慮しいしい施術してもらってた

本当はね
施術してもらって痛みを取ることより
痛いところをさすってもらったりしながら
気持ちに寄り添ってもらいたかったのよね

つまり~
共感してほしかったのですよ
共感よ共感

いいですか~
ココ大事ですよ~
テストに出ますよ~

痛みをとるより
気持ちに寄り添う!
ですよ~

解決することより
共感が欲しいのよ!
覚えました??

難しいのかしらね~(-_-;)

というわけで
共感してほしい
と言ってもなかなかね難しいだろうし

仕事も本当に忙しそうだし

というわけで、具体的な行動指針を示してみたのですよ

それは・・・

毎朝ハグしてほしい

って
めっちゃ具体的でしょう??

忙しくても負担にならず
良い案ではなくて!?
すごいワタクシ❤

しかし!
しか~し
夫の気持ちは仕事に向かっているわけで
それすらもなかなか実現せず(/_;)

・・・
そこでね、あきらめちゃったんだよね
夫と妊娠出産時期を過ごすってことを
まぁ別に夫がいなくったって産めるわけだしねって

もう、分かってもらいたいのに・・ってがっかりするのとか
なんとなく雰囲気が悪くなるのとか
いやんなっちゃった

ワタクシが求めなければ万事オッケーだからね

しかもさ
周りの人はみんな優しかったし
赤ちゃんも元気
子どもたちも赤ちゃんがお腹にいるのを喜んでくれて
助産師さんも応援してくれて
本当に幸せだったからさ

夫と気持ちがずれてるのは見ないことにしたってわけだ

まぁでも内心は
私だけのあかちゃんじゃないのにな~って
なんだか
みじめ~
って思っちゃった

そんな妊娠中期

そして妊娠後期

幸せだけど、夫と気持ちが寄り添えていない

そんな私にびっくり事件が!

なんと37週になって
逆子
になったんですよ( ゚Д゚)

これには驚いた
もうそりゃ驚いた

と同時にわかっちゃったんだ
うん
分かっちゃった

これは・・・
夫とちゃんと向き合え
っていう赤ちゃんからのメッセージだな

って

それがクリアできたら逆子は治るな
ってわかっちゃった

でも正直
それまで数か月、私なりに夫と向き合っての
現状なわけで

赤ちゃんには申し訳ないのだけど
面倒くさいな

って思った

もうさ
逆子を産むなんてなかなか出来るもんじゃないし?

自宅出産はできないけど、経腟分娩できるって言われたし?
それもまた経験じゃない?!

な~んてね(苦笑)
本心じゃない本心ではないんだけどね
でも夫とぶつかる覚悟ができてなくてね
逆子で悩まれている方に他意はありません
すいません
逃げただけです

でもそんな逃げ腰のワタクシにスゴイことが起こったんですのよ
オクサマ!

なんと!
夫が

ひとりにしてごめんね

って言って謝ってくれてね
ぎゃ~泣けるわよ~

その時からね
人が変わったように(笑)
とても気遣ってくれたんですのよ!
共感の嵐ですよ☆

夫にも赤ちゃんからのメッセージ
伝わったんですね

そうしたら
もう逆子診断をされた3日後には
お腹の上を蹴るようになっていて

当然のように
38週の検診ではしっかり逆子が治ってくれた

スゲーよ
赤ちゃんラブラブ!
ブラボーだよ

そして予定日一週間前
39週にはなんと引っ越しがあったりして(-_-;)
荷物詰めたり、運んだり、捨てたり
バタバタしつつ

迎えた予定日

まだまだ引っ越し後のおうちが片付いていないのを
よく見ていてくれたのか

だいたい片付いて、ほっと一息つくまで待ってくれたんだよね
きっと

予定日を6日過ぎて
満月満月の夜9時前

子どもと夫に見守られながら
無事自宅にて出産することができました

出産の話はまた今度

とにかく
この妊娠期間

なんで分かってくれないの?
なんで○○してくれないの?
なんでわたしばっかり
なんで・・なんで・・

そんなこともしてくれないなんて
私のことなんて大事じゃないんだ~

って
なんの冗談だよ

ってくらい
湧いて出てくる謎なほど甘えた気持ちたちに
翻弄されまくったワタクシ

子どものころ甘えたかったけど我慢したこと
やら
夫と付き合い始めて、本当はしてほしかったのに
(私が勝手に)我慢したこと
やら

もう全部ドワ~っとあふれて
制御不能ガーン

仕方なくあきらめて
そうかいそうかい
と泣きたいときは泣き
怒りたいときは怒っていた

少しは昇華できたんだろうか?

産んだ後は
きれいさっぱりなくなった
その感情たち

赤ちゃんと一緒に上手にワタクシから
分かれたのかな(*^-^*)

そんな
妊婦生活でした

あ―大変だった(笑)

とにかく
そんなワタクシに振り回された
夫と子どもたち

支えて下さったたくさんの方々

そしてお腹の中から応援してくれて
わざわざ逆子にまでなってくれて!?
無事うまれてくれた4女

本当に本当にありがとう!

結局
ワタクシって

超幸せ者~

なんだな~

さてさて長々と書いてしまった覚書
計画性のない文章ですが(苦笑)

読んでくださったみなさま

ありがとうございました(*^-^*)

4人目妊婦覚書

こんにちは
ヤスコです♪

4女の一か月検診も無事に終わり
忘れる前に妊婦時代を振り返っていきます

なんと今回は
感情のデトックスショック!
いちじるしい妊婦生活でしたのでな

妊娠全般にネガティブな感情が噴き出して
苦労いたしました。。。

さてさてそれではネガティブなワタクシ大公開いたしますことよ
覚悟はよろしくて!?

*****

それは6月某日はじまった

コ・・コーヒーが飲めない・・
胃がムカムカする。。。

疲れてるかな・・寝よう

しかし、治らない

そして悪化
夫がコーヒーを飲んでいるだけで
吐きそうだ

挙句、シンクの出がらしコーヒーにさえ吐き気

そして

も・・・・もしや!!??

*****

そんなこんなで4人目の妊娠が発覚

その時の私は、二つの高校の非常勤講師として
めっちゃ楽しく仕事をしておりまして・・・

4人目にして初めて妊娠したことにショックを受けました
楽しくて楽しくて楽しかった仕事を続けられないことに・・

そして
ショックを受けた自分にショックを受けた(/_;)

なんだか心の中がぐちゃぐちゃで

赤ちゃんできたんだから喜ばなくちゃ!
って思っちゃったことが
一番ショックだったかな(苦笑)

そんな気持ちをね
夫に受け止めてほしかったんだよね

よしよしってしてくれるだけでよかったんだ
ハグでもいい

だけどさ
なんと夫は

華麗にスルー

しやがったんだよね
目すら合せなかったからね

これは一人でこの気持ちと向き合わないといけないんだろうな
って思ったよね

なんかさ
猛烈に哀しかったな~

そんな状態から始まった妊婦生活

妊娠初期と言えば!

ツワリ

今回のツワリは

1、胃のムカつき
2、イライラ
3、においに異常なほど敏感
4、エンドレス唾液
5、眠い

の5つ

空腹キモイ
満腹キモイ

眠い、クサイ、キモイ
イライラ

どんどんネガティブワールドへ(笑)

いかんともしがたい
ムカつきに

どうしようもないほどのイライラ

仕方なし
子どもには

母に近づくと怪我するぜ

と警告を発し、容赦なくイライラさせていただいた

あと、ムカつきと眠さで
仕事をするのが精いっぱいで
家事育児は完全放棄させていただいた

そうそう
うちの夫

スゲーんですよ

ツワリのピークあたり約ひと月は
家事育児はぜ~んぶ

夫がやったのですよ

パチパチパチ~
エライね~
素敵でしょう(^^)/

なかなかここまでできる人はいませんことよ
ホホホホホ

だがしかし!
(褒めておいて落とす!)

ワタクシ今回のツワリ
なぜか果物が猛烈に食べたかったんですけどね
果物食べると吐いちゃうという罠

他のものは食べたくないけど
食べても吐かないのに

食べたくて仕方ない果物だけは
食べると吐くという
何の罰ゲームなんでしょう!?

まぁそんなこんなで吐いてしまうこともあった
今回のツワリ

夫がね
家事はしてくれるんだけどね

それは本当にありがたいのだけど・・・
私が気持ち悪くて吐いていても

華麗にスルー

なのってどうなのよ?

別に、吐いてるときさすってほしい
とか言ってるんじゃないんですよ

たまに大丈夫?
とかなんか一言くらいほしかったのワタクシは~

これって贅沢なの?!
どうなの!?

まぁいっちゃえば
共感してほしかったのよね~

夫にもそう伝えたけれど、
男性には難しいのかしらね~

普段なら仕方ないと思えるワタクシ
妊婦のワタクシはそうは思えなかったのよね~

ツワリでネガティブワールドへ足突っ込んでいたワタクシは
夫の華麗なるスルーを受けて
さらなる深みへと足を踏み入れたのでした(笑)

というわけで
長くなっちゃったので
妊娠中期へと続く・・・