「そうそう」と「よしよし」

こんにちは
ヤスコです♪

さて、妊婦覚書で

共感大事

って強調してきたけど

FBでのコメントなどを読んでいて
なんか共感にも2つあるんだな~
って思った

1つは
「そうそう」
っていう、同じ目線の共感

例えば、転んでひざを怪我したときに

 痛いよね!
  そうそう!
 これさ~お風呂入ったりすると沁みるのよね~
  そうそう!
  そうなのよ!
  ツラいの分かってくれる?

そんな共感ね

実際に同じ経験をしたことがある人だからこその言葉
共感ですよね

女性同士の会話ってこっち多くないですか??

もう1つは
「よしよし」
っていう大きく包み込む共感

例えば、転んだ時に

 痛いよ~
  痛いね~よしよし

 血が出たよ~
  そうだね血が出たね~痛いよね~
  よしよし

みたいな

そうね
親が子どもを抱いてよしよしするような
そんな共感

どっちもね
うれしいよね

でも妊婦さんが夫に求めてるのは
よしよし

だよね

まぁ経験したことないしさ~
頭で考えるにも限界あるし?

だいたい良く分かってない人に
分かった振りされると

むしろイラっとくるし(笑)

ここは、おとなしく
よしよし
しといた方がイイんじゃないこと!?

ちなみに
「よしよし」のコツは

ハグして、よしよししながら
オウム返しですかね(^▽^;)

わぁ~これで共感もバッチリ☆ですね

これで今から共感上手!

さぁみんなでレッツトライ☆

ちなみにこれは子どもにも
ゼッタイいいよね(*^-^*)

これは我が子で実証済み☆

そんなことを思ったここ数日でした

そして、私は、子どもに実践継続中です❤

ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です